詳細なプロフィール

関西在住 1976年生まれ 現在43歳です。

既婚、3人の子供を持つパパです。

 

この写真はココナラというサイトで個人の方に描いてもらいました。

特徴は捉えていると思います。髭は現在剃ってますけどね。

もちろん髪の色はこんなのではないですよ(笑)

 

今まで事業経験を含めると7回転職しています。

一応、色々な経験はしてきてますので無期雇用派遣ネタだけではなく、今後は面白い体験も記事にしていきたいと思っています。

40代から無期雇用派遣として働いて将来の不安がないと言えばウソになります。

ですが中小企業で働いていたころの不安と大きくは変わりません。

失礼ながら中小企業の正社員の肩書なんてあってないようなものだと思います。

つまりどこで働いても不安が消え去ることはない

中小企業で働いていたころのほうが、毎日激務で精神的にきつかったことを思えば、無期雇用派遣で働いているほうがメンタル的にものすごく楽になりました。

現在は残業がほとんどゼロに近く、給料も毎月3万~4万ほど減りました。

これから残業をすれば前職より少ない労働時間で前職を超えてくると思います。(たぶん)

 

【追記】2019年10月の給料明細で中小企業の給料を超えました。

【無期雇用派遣の手取り】残業時間、残業代アップ!中小企業でもらってた給料を超えたよ。【10月支給分】どうも!トリスです。 今月も毎度おなじみの無期雇用派遣の給料明細を公開します! 残業がなくても十分生活できる給料にな...

 

更に2020年4月に無期雇用派遣でも同一労働同一賃金が施工されることにより派遣会社から給料改定の通知をもらいました。☜つまり給料、年収は今より上がります。

【速報!!】同一労働同一賃金で2020年4月から賃金がアップします!【無期雇用派遣】 どうも!トリスです。 2020年4月に施行される「同一労働同一賃金」について以前記事にしていました。 気にさ...

給料明細は毎月公開していきます。

無期雇用派遣という働き方=派遣会社の正社員となり、交通費やボーナスも貰える。

 

この雇用形態は今後、もう少し派遣会社の待遇が上がれば爆発的に伸びてくるんじゃないかと予想してます。

中小企業で働くほうが良いのか無期雇用派遣で働くほうが良いのか、または起業したほうが良いのか、これからじっくり見極めていきたいと僕は考えています。

そして無期雇用派遣で働く良い面、悪い面などできる限り正直に、リアルにお伝えできればと思います。

つまりこれは僕の無期雇用派遣で働くブログ=「実験」なのです。

僕の職歴紹介です

18~21歳 大学生時代にホテルのウェイター(アルバイト)
21~24歳 中小企業のカフェで働く(正社員)
24~28歳 大手企業のカフェで働く(正社員)
28~31歳 異業種で独立する(個人事業主)
31~32歳 中小企業の小売り店で働く(正社員)
32~34歳 中小企業の喫茶店で働く(正社員)
35~42歳 中小企業の製造業で働く(正社員)
42~43歳 無期雇用派遣で働く (いまここ)

34歳~35歳のときに、職業訓練学校に10ヶ月ほど通いました。

だいたい3年~4年くらい、長くて前職の7年で転職してます。

継続性がないです。現代の働き方に向いていないんだと思います。

究極の飽き性なんだと思います。

職業を転々とすることをジョブホッパーというそうですね。

僕みたいな人も世の中にたくさんいるんだと思いました。

毎日同じことの繰り返しの工場作業は特につらいかったです。

役職者になれば企画することも多いので飽くことなく続けられたんだと思います。

ただし転職履歴が多いのは、やっぱ飲食やサービス業が多いから。

継続して働くには労働時間も長く、労働環境が悪いので相当きついです。

black-kiyou
中小企業の飲食店勤務はキツかった!退職を決定づけた3つの出来事!どうも!トリスです! 僕は、製造業で働くまえは飲食業界に長らくいました。 高校生時代の喫茶店のアルバイト→大...

工場に移ってからは勤続年数が一応倍くらいになってるでしょ(笑)

工場で働く方が、まだ労働環境は整っていると思いますよ。

労働に対しての考え方

基本的にはまじめです。若いときは特に一生懸命働いてきました。

労働時間が長くても自分のためになると思って何時間でも働いてきました。

サービス残業なんて言葉知らなかったくらいです。

でも方向性が定まらない努力なんて1ミリも役に立ちません。

30代、40代になるにつれて徐々に手を抜くことを覚えてきてますが。。

飲食店では店長までの経験があります。

 

28歳の頃、大手企業を捨てて起業しました。

起業した時の失敗体験談を記事にしています。

【リアル起業体験を暴露!!】「儲かる」だけの事業を選ぶと失敗するよという話。どうも!トリスです。 もう15年以上前の話ですが、僕は28歳のときに脱サラして起業しました。 借金を500万、自己資...
【事業失敗体験談】20代で500万借金した僕が語る!起業でしてはいけない5つのこと!どうも!トリスです。 僕は経歴でもあるように28歳で安定した大手企業を退職し起業しました。 もう15年もまえの話にな...

 

製造業では係長まで経験してます。

責任感は強いですがどこか一本の線が切れるとダメみたいです。

特に裏切られるような扱いをうけるとすぐさま転職活動をはじめてました。

意外と義理堅い性格なのかもしれません。

年齢はおっさんでも精神的には中学生くらいです(笑)

あと、会社に一生をかけて働いても命分の給料は絶対貰えません。

命かけるまで働くことはないと覚えたのは、たぶん40歳超えてからです。

本当に稼ぎたければ、自分で事業などを起こしていくしか道はないのです。僕は一度失敗しましたが。

だから一生懸命働くのは会社のためではなく、自分のためです。

将来ほんとうに困ったとき、自分や家族を食べさせていけるように働いています。

だから洗脳された労働観を持ってはいけないのです。これは自分の戒めにしてます。

このブログを始めた理由

僕がこの無期雇用派遣で働くまえまで、派遣の形態については良く知らなかった。

ただ「契約期間に限りがある」「時給が高いがボーナスがなく不安定」くらいのイメージしかなかったです。

前職を退職するときにも、ネットでいろいろ調べたんですが、「とにかくやめとけ」とか「派遣は底辺だから後悔するぞ」だとかさんざん書かれていたのを見て怖かったですけどね。

だけど過去に派遣で働いた人の話やただ単に転職を勧めるサイトが多くて、正直なにが真実なのかわからなかったです。

リアルに派遣で働いている人のブログはあるんですが、無期雇用で実際働いている人のブログを僕は見たことがなかったんです。

 

本当の給料は手取りでどれくらいもらってるのか?

40代で無期雇用で働いている人はいるのか?

家族持ちで無期雇用派遣で働いている人はいるのか?

など真実は全然わかりませんでした。

 

無期雇用派遣で働く僕が思うメリットはコチラの記事にしています。

【無期雇用派遣のメリット】を得られるのは、ブラック企業体験者のみ知る現実。どうも!トリスです。 ネットで無期雇用派遣のデメリットを記事にしてるのって一般派遣から無期雇用派遣になった人たちばかりです...

今までの転職履歴を見てもわかるかと思いますが、僕は飽き性なので派遣業界の数年で職場が変わることがデメリットではなく、ものすごくメリットにも感じたんです。

一つの職場で20年も30年も働き続けるなんてナンセンスだと思ってます。

しかも毎朝、早朝から満員電車に乗って。。

 

だから日本でもう少し派遣に対する働き方が世間的にも許容される時代になれば、みんながハッピーに暮らしていけるんじゃないかと思ってます。

現実に無期雇用派遣という形態で働いてみて、一方的な悪口ではなく、良い面もあれば伝えていきたい。

派遣会社はこうやって使えば良いよ、現実はこうだよってのを開示したい

って思ったのがこのブログをはじめたきっかけです。

おわりに

派遣というスタイルの働き方はものすごく理にかなっていて、アメリカなどでは派遣に対して悪いイメージがほとんどないそうです。

逆にこの国はひどい扱いになってますよね、ほんとに。

アメリカで実際生活されている方のこのブログを参考にさせていただきました

冴えてるサエコの英語生活日記

これからますます労働改革も進んでいって、現実的に終身雇用というものがなくなっていくと思います。

また派遣などで効率的に働きながら、副業で稼ぐスタイルも今後多くなると僕は見ています。

冒頭にもお伝えしたように、無期雇用派遣のブログですがいろいろな情報を今後は記事にしていきたいと思います。

これから短い間かもしれませんが、どうぞ宜しくお願いします!

ご質問などありましたら、お問い合わせよりお気軽にどうぞ♪

守秘義務があるもの以外はすべてお答えします。

では、また!