無期雇用派遣のエンジニア派遣について

【実際に無期雇用派遣で働いてわかった】「派遣だからラクできる」っていう考えは捨てた方が良い理由!

どうも!トリスです。

 

最近は派遣先の社員が一か月ほど出張に行っているため、僕が代りに現場対応の業務をすることになり、激務の状態です(笑)

毎日残業時間4~5時間…

通勤時間も1時間半くらいかかるため、帰ってくるのは午前様になるときもあります(;´Д`)

僕
ちなみにTwitterでは、無期雇用派遣の実態(ホンネ)もつぶやいています➳フォローしてね

 

無期雇用派遣のエンジニア系は、確かに給料は他の職種よりは良いかもしれません。

また大手の労働環境に近い休日(大型連休含む)もあります。

しかし無期雇用派遣=ラクできるという考えは捨てた方が良いです。

もちろん配属される派遣先、職種によって大きく変わるかもしれませんが。。。

無期雇用派遣(機械エンジニア職)で働き始めて10ヶ月目でわかった!ラクではない理由をお伝えしていきます。

👉実際に40代で無期雇用派遣で働く僕が、体験していることを正直に書いています

無期雇用派遣がラクではない理由①求められることは大手企業の社員と同じ

エンジニア(技術系)派遣の場合は、そもそも技術や知識があることが前提で、派遣先企業からは”即戦力’’を求められているのが実状です。

👉エンジニア派遣の本来の在り方かもしれません

ときには大手企業の社員業務を派遣社員が代りに行わなければなりません。経験を積めばきっちり頭数としてカウントされてしまいます。

派遣先が大手企業の場合は、そもそも社員の業務レベルが非常に高いことがわかりました。

特に事技職(設計、品質管理、生産技術)は有名大学や大学院出身がほとんどで「落ちこぼれ」なる人がほとんど見当たりません(*_*;

もちろん学歴レベルだけでなく、物事の処理能力も高いです(*´Д`)

入社2年目の社員がまとめたレポートを閲覧したことがあるのですが、たった2年目の社員が書くレポートなのかと唖然としてしまうほど( ゚д゚)ポカーン 

なんじゃこのレベルは・・・

そんなスーパーエリートな集団の中で、我らがスーパード素人無期雇用集団(エンジニア未経験)😂

技術うんぬんのまえに業務や流れについていくだけでせいっぱいです(笑)

今の派遣先は派遣会社にちょっとババを掴まされた感が否めないですが・・・

それでも学ぶべきことがあると思い、なんとか踏ん張っています。

👉これは派遣ガチャなのかw

過去何社か派遣先を経験してきたエンジニア派遣仲間(50代ベテラン)でさえも、

「ここは、正直ほんまキツイですね~(笑)」

ボヤキが止まらないようです😂

 

無期雇用派遣は、40代以上でも比較的カンタンに入社できるのが魅力の一つですが

未経験で入社=派遣先で苦労する覚悟を持った方が良いです!

もちろん当たりハズレはあると思いますよ、ハイ。

👉これは誰にもコントロールできません

無期雇用派遣がラクではない理由②技術がある前提で派遣されている

前述した通り、派遣ってそもそも高時給な変わりに即戦力になり得る技術及び知識を持ち合わせているのが、「本来の派遣のあり方」です。

今や派遣は一般的にはフリーターの次くらいの低い身分に見られていますが、高い技術力や対応力を発揮してこそ、大手企業と契約し働くことができるのです。

特に技術を売りにしている派遣会社は、他の業種の派遣よりも時給は高く設定されています。また派遣先にとっては一生面倒見る必要がないかわりに、高時給を支払っているのは事実。

派遣定番のピンハネ疑惑もよくネットで言われていますが、社員一人雇うコストを考えるとよっぽどぼったくり会社でない限り、ある程度のピンハネはしょうがないとビジネス的観点からは言えます。

研修や勉強会などで技術を持たせるまえに派遣先に放り込む派遣会社は問題ですが💧

派遣先からすると技術ありきで見られて当然なので未経験で働くことは、ぜんぜんラクではないのです。

例えば、CADを覚えたいや知識や経験、技術をつけて他メーカーや派遣会社でステップアップしていきたいと思う人じゃないとしんどいと思います。

無期雇用派遣がラクではない理由③できない人は派遣先から消えていく運命

できない人はいます。できないというよりは、

最初から「それはムリです」「やったことありません」って断る人っているんですよ。

👉今の職場にいる20代の派遣社員は過去2度ペナルティーを受けています

この記事の2番目の派遣社員の話ですね(笑)

無期雇用派遣で派遣先変更はできるの?答え→きちんとした理由があればできます!どうも!トリスです。 今回は無期雇用派遣の話です。 詳しく調べてこの業界に入ったわけではないのですが、2018年4月...

できないかもしれないことでも、わからないことでも、、、

技術派遣で来ている以上、「できません」は通用しないのが現実。

派遣先からしたら当たり前ですが、なんのための技術派遣なの?ってなりますよね。

派遣先の課長クラスは器の大きい人が多いですから、よほどのことがない限り派遣会社にクレームを申し立てるようなことはないですが・・・

こういう人の処置は、だんだん任される仕事が減って、ほぼ定時帰りになります。

そしてその先はこの派遣先から消えていくしかないのが現実です。3度目の正直はない。。。

自分が現場で必要な技術、役立つ技術を持っていなければ、毎日、通勤時間だとか休日だとかに勉強をすることは必須になります。

一応、僕も休日には社員さんから本を借りて勉強するようにしています。

つまり未経験ならとにかく勉強や努力は必要。

派遣会社であろうがなかろうが、どんな会社でも正社員と名の付くものでラクはできません!

👉結論!無期雇用派遣といえどラクしたいからという気持ちで働くと後悔するよ

確かに派遣先によって、あるいは部署によって業務の忙しさは違います。

同じ部署内であっても、残業時間の差が月に10~20時間違うこともあります。

👉つまり運ゲー的な要素も十分考慮しないといけない

無期雇用派遣とりわけエンジニア(技術)派遣は、知識があってはじめて成り立つ業態、しかも他の派遣の業種より給与が高く設定されています。

大手と労働環境は同じ、年収400万以上超えることも全然ありえます。

しかし、派遣=ラクできるという考えで臨むと・・・

「こんなはずじゃなかった・・・(;´Д`)」

「派遣なのにキツ過ぎる、正社員のがマシ・・・(゚Д゚;)」

こういう考えになる可能性が高いです。

 

エンジニア(技術)派遣のメリット・デメリット、もしくは自分の特性、今後の仕事の方向性をよく考えた上で、無期雇用派遣を選択したほうが良いと言えます。

 

 

なにか参考になれば幸いです!

では、また!

 

あなたのワンクリックが励みになります!宜しくお願いします!

☞人気ブログランキングへ

☞にほんブログ村へ

ABOUT ME
トリス
40代既婚。3人の子供を持つパパです。 今は仕事より家族優先に生きてます。 エンジニア・技術系の無期雇用派遣として働いています。 ちなみにこれまでエンジニアとしての経験はありません。 まったくのド素人から勉強しています。 事業経験ありで借金はありませんが、転職履歴6回のいわゆる底辺なおっさんです。 ありのままの無期雇用派遣の現状をお伝えしていきたいと思います。 また中小企業を多く渡り歩いてきましたので、そのへんの実体験も お伝えしていこうと思います。